読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それがたとえ夢だとしても

これ以上好きにならないなんて 言わないよ絶対

金田一少年の事件簿Neoを観て(書き殴り)

 

二泊三日で金田一少年の事件簿Neoを一気見するという(個人的には)結構なことをやり遂げた今、彼の金田一少年やストーリーについて思ったことを綴っておきたいなぁと思い書きます。

 

※ネタバレを含む可能性もあるのでそこはよろしくお願いします(なるべくしないようにはするけれど)。だって実際に見てほしいもの。

 

まず、金田一少年。私は2代目金田一を少々観たことがあるくらいでドラマの金田一が代によってどう違うのか、はたまた漫画の金田一がどうなのかは知りません。でもこれだけは共通しているのかな、と思いました。それは「犯人にもこれ以上罪を重ねてほしくない、被害者をこれ以上増やしたくない」ということ。いつもふざけてて勉強ができない一ちゃんを見てるからこそ、本当にこのことに関しては心の底から願っているんだな、と思った。もちろんひしひしと伝わってきたのは彼の演技があってこそであって。

 

ラストの話となる薔薇館での事件。彼はひょんなことから普段は敵であるはずの犯罪プロデューサー高遠と協力(?)することになりますが、その回が一番よく伝わってきた気がします。本当に金田一のこういうところ好き。

 

そしてストーリー。どの話も好きでしたが「ゲームの館」での事件と「金田一の決死行」、「薔薇館」での事件がお気に入りです。金田一の決死行は文字起こしをしたくらい好きです。

 

やっぱり何がいいって、犯人を睨み付けるときの表情や悔しい表情、定番のセリフ、(そしてカメラマンさんのカメラワーク)、そしてOP。あー大好き!大好き!本当は分析できればいいんでしょうけどミステリーが大好きで山田さんも好きって言ったらもうすべていいよ!と言うに決まってるじゃないですか(笑)

 

探偵が容疑者になってしまって警察から逃げつつ真実を探す話、傷ついてもなお犯人に立ち向かっていく話、探偵が普通協力するなんてありえないような人物を信じて謎を解明しようとする話はいいよね。大好きです。

 

もう、とりあえず、観てほしい。

 

それだけの思いしか込めていない拙い文章、失礼しました(笑)