読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それがたとえ夢だとしても

これ以上好きにならないなんて 言わないよ絶対

個人的ジャニーズ楽曲大賞2016


個人的楽曲大賞についてここに書いておこうかと思います。

 

 

1位 「WONDER-LOVE」 嵐

 

2016年発売のアルバム「Are You Happy?」より。二宮さん監督下にある本曲。新曲が出るたびに「今までの嵐が歌ったことのないような曲」という謳い文句が宣伝文に並びますが、これこそ「あるようでなかった曲」ではないでしょうか。最初の低い機械音が聞こえたかと思えば歌い始まりは意外にも明るめ。それも潤くんが最初!デジタルだけどデジタルすぎていない、声に加工は(おそらくがちがちには)かかっておらず5人の声が楽しめるのもいい。夢想空間に迷い込んだような世界観があるようでなかった。「アイシテル」の歌割が翔さんだったりするのも新鮮。そしてこれの歌割を二宮さんが考え、「踊る」ことを選択したというのもありこれを一位にしました。

 

 

 

2位 「また今日と同じ明日が来る」 二宮和也

 

こんなにも色々な感情が溢れだしてくるソロ曲は今まで聴いてきた中で初めてだった。初めてコンポで聴いたあと頭が真っ白になった。この曲はこの曲だけ、というよりも発売に伴って行われたテレビ誌のインタビューによって余計に好きになったというほうが正しいかもしれない。本当の意味ではまた今日と同じ「今日」が来るなんだよね、と言う(ニュアンス)彼の考え方が本当の意味ではきっと汲み取れていなくて捻くれているなあと思うんだけど。必死に息継ぎをして何とかその命を繋いでいるような、ただ思いのままに言葉を並べているような歌い方とそれを強調させるように音数が少ない。歌詞の1フレーズ、1ブロックごとに映る景色が変化していくように感じられる。そして操り人形かのように体全体を使ったダンス。「そんな日々が懐かしくて」の囁きといい、「考えつくすべてに僕らは考えていかなきゃいけないんだ」のあとの空白の時間といい、イントロ・アウトロの区別がつかなくて繋がっている点といい、今の二宮和也のすべてが詰まっている楽曲な気がします。





 

 

3位 「Miles away」 嵐

「Are You Happy?」というアルバムを初めて丸々聴いた時に一番印象に残っていた曲がこの曲でした。聴きながら涙が出てきたのもこの曲でした。穏やかな海の中にいるような、温かい風の中にいるような、オーロラの波の中にいるような幻想的な世界。大野さん監督下の曲で、みんなのフェイクが聴きたいということで歌割も彼が考えた。嵐の優しく温かい声が存分に楽しめる一曲。何と言っても、曲の終盤の大宮のフェイクがこの曲を選ぶ決め手かな。二宮さんが歌い、大野さんが歌い、二宮さんが歌い、大野さんが歌い…次は大野さんが歌い、追いかけるように二宮さんが歌い、大野さんが歌い、二宮さんが歌い…そのあとに三人が歌い、その裏ではずっと、ずっと何も変わらずに、変わらずに2人が歌い続けている…この曲、二宮さんはほとんど歌詞カードに書いてある部分をソロで歌っていない。ずっと上のハモリまたはフェイクに徹している。大野さんの信頼があってこその終盤の大宮のフェイク、そしてこの歌割なんだろうなと考えたら、大宮のあまり表には出さないお互いの信頼性がこの曲に顕著に表れている気がして、この曲を選ばずにはいられなかった。

 


 

 

4位 「花」 嵐
記念すべき50枚目のシングル「Power of the Paradise」のカップリング。嵐が50枚目のシングルというタイミングで伝えたかったのは、A面のパワパラではなくB面のこの曲だったんじゃないかな、と思ってしまうほど彼らに思いを馳せずにはいられない曲です。カップリングというのが彼ららしいね。今の彼らが「ゆらり花びらが揺れる どんな夢をみてただろう」「まだ 描いた夢には 追いつかなくても 僕らは一つ道選んで ただ 長く伸びてゆく 影を見ていたら きっと負けない気がした」と歌うのがとても好きです。

 

 

 

5位 「ただいま」 嵐
アリーナツアーに合わせて制作された一曲。ファンに向けた直球の曲です。ありがたいことに参加させていただけたのですが、これがオープニングの曲でした。今思い出しただけでも鳥肌が立つ。アリーナツアーはこの曲で始まり、A・RA・SHIという流れがもう!!エモい!!号泣だよもう!!CDで聴いた時にも泣いたのに、オープニングで暗闇の中上がってきた彼らを見てこの歌をアカペラで歌ってて大号泣だよ!!!!こんなにコンサートで泣いたのは初めてでした。「会えない時間は君のことを 考えてたんだ いつだってそう」「待たせてばかりごめんね」こんな風に彼らが思ってくれているなら、待つよ。会いたいけどね。毎年会いたいけど。こんなに優しく幸せな気持ちにしてくれるあなたたちが大好きだと、改めて思わせてくれた一曲です。

 

 


MV部門 「復活LOVE」 嵐
発売情報が出たとき、曲名に対して散々文句言ってごめんね。本当に土下座したいくらい素敵な楽曲で、近年発売されたPVの中で一番好きなPVでした。「ザ・大人の嵐」を全面的に出し、役者・生田斗真との共演。そんなこと言う前に作曲・山下達郎、作詞・竹内まりやですもんそりゃそうだ。ちなみに(最近涙腺がゆるくなっていることは認めますが)こんなにボロ泣きしたPVは初めてかもしれません。(大野さんが出てきた瞬間に涙がぼろぼろ出てきた)

 

 

 

現場部門 ARASHI “Japonism Show” in ARENA

久しぶりの嵐のコンサート。エコパアリーナには感謝しかありません。


 

 

未音源化部門 「IN THE STORM」SixTONES

 お友達に未音源化部門の曲を何曲か教えていただいて、その中から選んだのがこの曲。かっこいい~!!いかにも私が好きそうだなって感じ(他人事)個人的には高地くんがかっこいい顔して歌っているのが印象的でした(いつも素敵な笑顔を浮かべてるからね)

 

 

 

ベストバイ部門 「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」 嵐
即決でした。このツアー自体は行けてないけども。久しぶりに踊ったにのソロ「MUSIC」と初めて聴いた時から好きだった翔さんのソロ曲「Rolling days」。そして何と言っても2015年の楽曲大賞に投票したくらい大好きな「イン・ザ・ルーム」と「マスカレード」でしょう。歌謡曲風のメディーと様々なオマージュ。そして「日本とは何か?」「ジャニーズとは何か?」を原点回帰を掲げて改めて見つめ直したこのコンサートは様々な思いが詰まっていると思います。個人的にはFUNKEYで大宮パートがあったことが胸アツでした(強火大宮担でごめんね)


おまけとしては、楽曲部門で6位以降入れられたとしたら真っ先に「My Girl」を入れたと思います。あとは「復活LOVE」「I seek」「Tasty U」「Bang Bang」「affection」。「Touch」「Wonder」「NEWSKOOL」も入れたかった。

 

(今年発売じゃないけど2016年で感謝してるのは嵐のTroublemakerとLucky ManとJUMPのカモナとNEWSのIZANAIZUKIです)

 

 

2017年も素敵な楽曲にたくさん出会えますように!!!!!