読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それがたとえ夢だとしても

これ以上好きにならないなんて 言わないよ絶対

個人的ジャニーズ楽曲大賞2016

個人的楽曲大賞についてここに書いておこうかと思います。 1位 「WONDER-LOVE」 嵐 2016年発売のアルバム「Are You Happy?」より。二宮さん監督下にある本曲。新曲が出るたびに「今までの嵐が歌ったことのないような曲」という謳い文句が宣伝文に並びますが…

ただそこにいるだけでいい

大野さん、お誕生日おめでとう。 これを書いている、書き始めているのは2016年9月2日です。担当ではないけれど、大好きなあなたのお誕生日をどうお祝いしよう、どんな言葉で彩ることができるだろう。そんなことを考えてこの文章を書いています。(私の語彙力…

潤くん、お誕生日おめでとう。

書きたくなったから書きます。だいぶ長いのはお許しください。 潤くん、お誕生日おめでとう。 嵐の中で最年少の潤くんも33歳。本当は「松本さん」というのがふさわしい年齢なのだろうけれど、あえてこの呼び方を続けさせていただきます。何故って、担当さん…

二宮さんの好きな歌い方について

はい、題名の通りです。私が大好きな二宮さんの歌い方を挙げます。共感してくれる人もいるかと思いますが割とコアなので引かれそう。引かないで。引いてもいいから一度聴いてみて。 1. JAM アルバム「いざっ、Now」に収録されているこの曲。この曲があったた…

8月16日、すべてのはじまり。

今日は、私にとってとても大事な日です。今まで振り返ったこともあまりなかったけれど、とても大切ですべての始まりで、きっと一生忘れることのない一日です。 8年前の今日、2008年8月16日。私は初めて『魔王』というドラマを観ました。母親が放送開始前から…

"見渡す世界は素晴らしい"

嵐のアリーナツアー“Japonism Show” 静岡公演の感想です。 (※レポと分けました。レポは下から。) trumpnomori.hatenablog.com 各曲についての感想はレポと共に書きまくったのでそれほど言いたいことがあるわけではないんですが、少しだけ(少ししか書かな…

嵐アリーナツアー "Japonism Show" 静岡エコパアリーナ公演レポ

2016.07.24 ARASHI "Japonism Show" in ARENA 静岡エコパアリーナ 昼公演に参加してきました。レポというよりも、個人的な見方と感想を忘れないうちに綴っておきます。完全に個人的な見方なのでそれだけはご了承ください。それに加えて、私の記憶が間違って…

幸せの欠片

あぁ、あの人から「生きる」って言葉が聞けるだけで、こんなにも心が震えるんだ…と唇を噛みしめながら思った。 僕は今生きてる つなぐ誰かの願い ――僕らがつないでいく(Japonism収録) いかに自分がJaponismというアルバムを聴いていなかったかがわかる。ほ…

サントラのすゝめ

サントラのすゝめ この前フォロワーさんの一言にサントラ熱が一瞬にして再熱したので、偏りはあるけれどここで色々とお話ししようかと思います!きっとだらだらと書くと思いますが許してください(笑) 最初に言っておきます。わたしは吹奏楽部にいたわけで…

遠回りの愛を

「ヒミツのニノミヤちゃん!くらいになっちゃっていますからね!」 何なんだこの人。嵐の番組名を自分の名前に変えるなんて図々しいにもほどがある。…私が一番鮮明に覚えている彼への印象がこれだ。忘れもしない。2008年の夏に発売された、TBS系ドラマ『魔王…

空白の2年間

やっと今整理がついたような気がして、整理しなきゃいけない気がして書いてみる。あの空白の2年間のこと。嵐さんへの思いがぽっかりと空いたあの期間のこと。 正直最初は逃げだったんだと思う。受験生だった2014年は嵐の15周年イヤーで、ハワイでコンサート…

ここにいるのは

これはやっぱり書き留めておかないといけないことかな、とふいに思い書き進めてます。ここにしては珍しい、あの人のこと。ずっと応援してきた彼のこと。 改めて二宮さん、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞の受賞おめでとうございます。 正直今回の映画は公…

2015年に出会った曲たちへ。

ジャニーズ楽曲大賞に便乗して。私が2015年に触れたジャニーズの楽曲にあえてランキングをつけるとしたら…ということで、書き留めておこうと思います。 10位 BYAKUYA(NEWS) この曲単体でもいいけれど、その前の「Black Jack -inter-」と続けて聴くとその世…

2015年が終わるということで

2015年。振り返れば、新しいことばかりの1年だった。 実家を離れ、一人暮らしを始める。新しく学ぶ学問。新しい友人。新しい部活。そんな新しいことばかりの自分を救い、惑わせ、それでもやはり頑張らせてくれたのも新しく好きになった彼らだった。他の記事…

君の隣。(数ヶ月前の青キミレビューを引っ張ってきた)

青空の下、キミのとなり 2015.05.12 on SALE フジテレビ系ドラマ「ようこそ、わが家へ」の主題歌で通算46枚目のシングル。初動枚数は前作45枚目のシングル「Sakura」を超えている。初回限定版・通常版の仕様は以下の通りである。 初回盤(CD+DVD 14面歌詞ブ…

殉職シーンを観てみたいランキング

私がそれなりに知っているジャニーズの範囲で、こんな誰が得するのか?というランキングをやってみたいと思います。広い心でお読みください(笑) 【殉職シーンを見てみたいランキング】 5位 増田貴久 まっすーね、見てみたい。あんなかわいい顔と甘い声し…

嵐を憎める・憎めないで語ってみる

嵐を憎める憎めないで語ってみる タイトルの通り、これで彼らを語ってみたいと思います。あくまで個人的な意見なのであまりあてにはならないと思います。 今回は「嵐を憎める・憎めないで語ってみる」。テレビを観ていても、周りにも憎める人(つまりイラっと…